1. HOME
  2. 会社概要
  3. COZUCHIの仕組み

COMPANY

会社概要

COZUCHIとは

想いと豊かさを循環させるカンタン不動産投資

COZUCHIは「想いと豊かさを循環させる不動産投資」をコンセプトとした、不動産特定共同事業法を活用した不動産投資型のクラウドファンディングです。インターネット上で出資者を募集し、運営会社が不動産事業を行います。不動産から得られる賃料や売却利益を投資家へ還元します。投資家様を優先的に保護する優先劣後構造でありながら、債権や社債等より高いリターンをめざす、ミドルリスク・ミドルリターンの投資サービスです。

サービス

サービスの特徴

1万円から
不動産投資が可能

COZUCHIは、不動産特定共同事業法を活用することで、数十億円の不動産投資でも、1万円から投資をすることが可能です。

「ほったらかし」で
とっても楽チン

一般的な不動産投資では、購入時も購入後も様々な手続きや管理が必要です。COZUCHIでは面倒な手間は事業者が全て担うため、投資後は何もせず、配当の振込を待つだけでOKです。

分散投資で
リスクマネジメント

少額投資が可能なため、様々なプロジェクトへ投資することができます。また、複数のプロジェクトへ分散投資いただくことで、リスクマネジメントが可能です。

最短15分で
投資が可能

COZUCHIでは思い立ったときすぐに、スマホからカンタンに投資が可能です。新規登録からでも、最短15分で不動産投資を始めることができます。

3つの強み

1.リターンの上限を設けない配当

不動産投資型のクラウドファンディングにおける配当は、優先出資者に優先的に配当される一方で、配当利回りに上限が設定されるのが一般的です。 しかし、COZUCHIでは優先出資者に優先的に配当されることはもちろん、さらに配当利回りに上限無くフェアに利益を分配することで、ローリスクな商品設計を重要視しながらも、出資者の皆様により高いリターンの実現を目指します。 

2.高い利回り

COZUCHIでは物件の賃料収入や売却想定価格等を十分に吟味し、かつ、優先劣後構造を採用することでローリスクを実現しながら、 年利率3~12%程度のミドル〜ハイリターンを実現。「商品設計は、リスクは低く、リターンはできるだけ大きく」の実現を目指している点が最大の特徴です。

3.いつでも換金可能

投資期間中に現金が必要となった場合は、マイページの換金申請から手続きをすることで いつでも換金可能です。(換金手続きには事務手数料3~5.5%をいただきます。)換金制度は、出資者のみなさまの緊急の資金ニーズに対応する制度のため、買取保証とは異なります。そのため、換金金額は出資金額を基本としつつも、換金申請時の公正な価格での換金となります。なお、リーマンショック等の金融危機などが生じた場合は換金制度を緊急停止する可能性があることをご理解ください。

安心安全な投資の取り組み

優先劣後構造で
投資家を保護

優先劣後構造のうち、優先出資部分は出資者のみなさまにご出資頂き、劣後部分は事業者が出資致します。事業者の劣後出資は10~60%程度となっており、劣後部分が全額棄損するまで、みなさまの優先出資が元本棄損することはありません。

ローリスクを実現するための
様々な取り組み

リーシングリスクが大きいと判断したものに関しては、マスターリースなどを締結。 キャピタルゲイン型は物件の買取保証をいれるなどをし、イグジットリスクをヘッジします。 その他、各プロジェクトに応じた、リスクマネジメント手法を積極的に取り入れることで、リスクの低い商品設計をしております。

安心の実績

当社では不動産特定共同事業法を活用した事業を 2008年から2018年まで総額約9億円を運用しており、元金毀損/配当遅延は一度もありません。2019年から運用を開始した不動産特定共同事業法の電子取引「WARASHIBE」(現 COZUCHI)においては、総ファンド数24件、累計投資額約16億円を運用しており、同様に元金毀損/配当遅延は一度もありません。

ご利用の流れ